私がお金が必要だと感じた時は、家賃を振込忘れて請求が来た時です。

家賃の振込期限は毎月末。年末だったこともありATMが月末に受け付けていなかったことと、イベント行事に気を取られて振り込むことをすっかり忘れていました。

私の住んでいる部屋の家賃代は1月5万円です。当月分に加えて先月分と合わせて2か月分の家賃、つまり10万円を今月中に支払わなくていけません。当時、私は手持ちのお金に余裕がなくて2ヵ月分の家賃を支払うお金を持ち合わせていませんでした。

すなわち家賃が払えないんです。

あと5万円、今月中に現金が欲しい。
私は単発バイトをすることにしました。

とにかく今月中に現金が必要だったので、面接からすぐ仕事が始められてすぐに給料が入る仕事を探し、試食販売の仕事が見つかったのですぐ応募しました。週末で日給1万円。今月中に5回働けば5万円稼げます。

私は客としてスーパーで試食することはありましたが、まさか自分がこの仕事をすることになるとは思いもしませんでした。

面接当日から指導係の方が「それでは、練習してみましょうか。いらっしゃいませー、試食はいかがですかーと大声で言ってみましょう。」

大声で誰にでもなく大声で叫ぶのは学生のときの応援練習以来です。とーっても恥ずかしくてやっぱりやめようかと逃げ腰になりかけましたが、私にはやるしか選択肢はなかったので半ばヤケクソ気味に叫びました。たぶん緊張で声はふるえていたと思います。

練習でこんなんで当日、お店でお客さん相手に声が出せるのかとても不安でした。

でも当日になり、1日中お店で立って声掛けしていると段々慣れてくるもので、自分のすすめた商品を買っていただけるとうれしかったり、お客さんとの対話が楽しかったり、結構楽しく仕事ができました。

なんとか5日間仕事をやり遂げ、レポートを提出してお給料をいただくことができ、月末までに10万円の支払うことができました。

お金欲しさに始めたバイトでしたが、意外とこの仕事も楽しいかもと思いはじめ、また仕事しようかと考えている自分がいます。

でも、家賃の振込忘れは今後絶対しないようにしようと心に誓いました。